岩崎大貴 ブログ

<   2013年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧




クワイアの発声 無意識に地声につれてくるテクニック

声帯のしくみ、声帯の動き方を改めて学び始めて、
クワイアの音を強くしたり、もしくは音色を揃えるのに、有効かつ取り組みやすいテクニックに気づき始めた。
ソロシンガーには利用しづらいものでも、クワイアなら色々な理由で適応できたりする。
だからクワイア指導は面白い。本当、面白い。

--------------------------------------------
以下、先日、ワークショップ的クワイア(某イベント用)に試したもの。
この日取り組んでいたのはメインセクションの始まりが常に「I`m〜」から始まる楽曲だった。

■僕が問題としたこと
「I`m」の後の動詞にあたる言葉に集中がいき、「I`m」にインパクトがなかったこと。
「ハイム」と発音しているメンバーや、「...イム」としっかり歌いだしに入れていないメンバーがいた。裏声で歌うメンバー、地声で歌うメンバー、それも混在していた。
クワイアにはよく、よくあることだ。

■アイデア、テクニック
「アイムと言う前に、ふんばるように、息を止めてください。」
と提案。
「ンッ!(ふんばりながら息を止めた音)I`m〜」
と歌わせる。
ユニークで若干下品だったろうか。メンバーは笑っていた。

■狙い
•ふんばりながら息を止めるとき、人間は必ず、強烈に声帯を閉じることで息を止める。
強烈に声帯を閉じた状態から出す声は、ファルセットには鳴り得ない。
このことで裏声で歌っていたメンバーを嫌でも地声に連れて行く。全員を地声に揃える。

•「ハイム」と歌っていたメンバーも駆逐(!)。声帯は強烈に閉じているため、ブレスが流れる量は極限まで減らせる。Hの子音は多めにブレスの量を声帯を流し込まなければ発音出来ない。
ハイムではなく、全員しっかりと「アイム」と言わせる。

•歌詞の前に、ワンクッション(この場合は「ンッ!」)置くことで一人一人の呼吸が合いやすい。縦のリズムを揃える。

■結果
◎。
自信に溢れているかのような音が出てきた。
狙いも全てクリア。


---------------------------
ふんばるように息を止める、この行為は声帯の柔軟さを奪うもの。
故、曲中に何度も使うと声に影響があるような気もするが、
インパクトをどうしても出したいとき、有効に使えるんではないか。

尚、ソロシンガーには見た目のこともあり、使いづらいかも。
嫌でしょ、なんか踏ん張ってるソロシンガー。
[PR]



by yataro1030 | 2013-06-10 21:00 | クワイアと発声

某メソッドを否定する某アメリカ人ボイストレーナーとのやり取り

某メソッドを否定する某アメリカ人ボイストレーナーとのやり取り

A氏
あのメソッドはダメなんだ。
話し声レベルでバランスのとれた発声を目標にするけど、音量をあげたときにそれをサポートするメカニズムを彼らは持ってない。

それから、ブライトな音色を嫌うよね。実際にパフォーマンスで使えるのはブライトな音色だというのに。
ブリッジ(喚声点)を早く渡らせようっていう基本姿勢もダメ。早く渡らせたら失敗はしないけど、強い声なんて出やしないよ。

母音の調整のアイデアもどうかと思うね。


ああ一理あるかもしれない。
否定できない場面はあるよ。
母音の調整はどうしてだめなの?

A氏
もう少し勉強すればわかってくるよ。
彼らはブリッジが近づくと母音を狭めさせるんだ。それでいてしかも、母音を元の通りに戻さない。
本当にこれは危険なことだよ。


それはわかるけど、なんで危険なの?

A氏
だからもう一度言うけど、
母音を元通りにしないんだよ、彼らは。これらブリッジ、そしてヘッドボイスを殺すようなことだよ。母音は絶対に元通りにしなきゃいけないんだ。



ここでやり取りを終わらす。
母音の調整の件で食いついたら、何だか不機嫌そうだった。僕の英語能力の問題かもしれない。

なんであれ、なぜ母音の調整をしてはいけないのかが、彼の言い分をよく理解できなかった。

現状、母音の調整は、重すぎる声、声帯を容易に高音発声モードに連れてってくれるテクニックと認識している。
この認識を変えるには、彼の話は少し具体性に欠けた。
[PR]



by yataro1030 | 2013-06-05 23:30 | クワイアと発声

ある歌手のキンキンした声質

あるシンガーのキンキンした声質について

■某クワイアのあるシンガーの声質が前から気になっていた。
安定した、かつエッジに効いたソプラノボイスだが、いわゆるキンキン声だった。
本人もその扱いには時折苦労している様子を見せていた。高音に飛べば、すぐに鳴りだすからだ。
こういう場合、だいたいが「喉頭の位置が過度に高い」ことが原因になるはずなのだが、このシンガーの場合、ルックス的にも、音色的にもそれとは少し違う。
なんでだろう、と妻に無駄に相談をしていた。(妻は興味なさそうだった)


■ところが昨日ふとした瞬間にあることに気づいた。
そのシンガーと面と向かって話している時だった。
話し声が少し鼻にかかっていたのだ。
「鼻声って言われることある?」
「言われない、でも録音した自分の声を聞くとそう思う」

よくよく顔も見てみる。
あーわかってきた。歌唱時、喉頭の位置は安定しているから歌声は素晴らしいけれども、もともと口腔の体積が小さいのだ。
彼女の顔は奇麗な逆三角形型で、顎が通常よりも少し小さい。
口腔の体積をもつことが出来ないため、話すときは鼻腔に響きが移り、鼻声になる。歌うときは鼻声とまではいかないが、偏った響きになる。
あーーー、、という感じ。

加えて、彼女の歌ってきた音楽も影響しているだろう。
民謡を多く歌ってきたという彼女は、地声が非常に強い。
その分、若干ではあるが、声帯の緊張が見られる。
このこともキンキン声に加担しているのではないか。


■対策として何が出来るか。

1喉頭を通常のシンガーよりもほんの少し、下げめにキープする子音と母音を使うエクササイズ
2舌の位置の確認 口腔をぶったぎる場所に位置していないか
3声帯の緊張を解く、ブレスを少し強めに流す子音を使うエクササイズ
4高音発声時でももしかしたら声帯がやや厚すぎなのかもしれない。ヘッドにリリースをしむけるエクササイズ
5歌唱時、母音を調整

かなとぼんやり。
もともと喉頭の位置が高いわけではないシンガーに1をするのは、彼女の個性を殺す危険性も孕んでいるのではないかとも思う。
喉頭の位置を変えず、口腔の体積を稼ぐにはどうしたらいいものか。

あ、軟甲蓋を上に持ち上げればいいかも。
ーと思ったけどあの発声法は迷信なんじゃないかと疑っているところだった。

またいつかに続く。
[PR]



by yataro1030 | 2013-06-04 09:02 | クワイアと発声

指導者としての態度

Always be prepared to have your
strongest held beliefs proven untrue.

あなたの信条が嘘であったときのことを常に準備していなさい。


指導者として大事な言葉に思えました。
人は何か一つ、革命的に思えるメソッドを見つけたら、自慢げに、雄弁に、他に対して批判的になり得るけれど、
やっぱりちょっと違うね。
その人の成長はきっとそこから思うようには伸びないでしょう。

「あーよかった見つかった」という安堵感は理解出来るけれども、そこにあぐらかいて居座るのは指導者として決して尊敬しずらい。

がむしゃらで、一人で勇敢な旅に出れる人だけが高みにたどり着けるのかも。
[PR]



by yataro1030 | 2013-06-02 18:49 | クワイアと発声

岩崎大貴(ひろき) ボーカル、クワイアディレクター岩崎大貴の日々の報告。
by yataro1030
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
プロフィール
リンク
日記
クワイアと発声
未分類

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧