岩崎大貴 ブログ

発声練習って何をすればいいの?2

a0155203_21531953.jpg


今冬は録音ものにちょこちょこ、参加させてもらっています。ありがたや。

--------------------------------
★レッスン情報ページを改めました。

 こちらです。

--------------------------------

さて前回に続き、同じテーマを扱ってみようかと思います。

発声練習て何をすればいいの?です。
前回は、持っている声を引き出すことが求められる、でした。

今回は、それをもう少し具体的に書いてみましょう。
ずばり具体的なエクササイズの内容。

だいたい、僕がウォームアップとして出すのは、
リップバブル(トリル、ロール)です。

唇をプルプルプルプルと震わせる、アレです。

、、、あれ、ガッカリしてますか?笑
いやいやバカにできないはずです。

ウォームアップとして、やけに有名なこのエクササイズですが、なぜウォームアップに適しているのか、どんな効用があるのか、考えてみましょう。

★声帯の負担を減らしてくれる
声帯は、肺から吹き上がるブレスを受け止め、振動を始めます。
振動によって空気に波が生まれ、それを人間は音波と感知します。

無理のない良い発声は、この声帯とブレスの、ほどよい抵抗(レジスタンス)によって生まれます。
声帯が閉鎖するのに耐えきれない、過度なブレスの量を声帯にぶつけると、
ブレイクし、いわゆるひっくり返りがおきます。
そして声帯を痛める原因にも繋がります。

そこで、登場するのが唇です!

唇をプルプルと震わせる行為は、
一人で息を受け止めていた声帯に、助け舟を出すことに等しいです。
声帯と、唇の二箇所で力を合わせてブレスを受け止めることで、
声帯への負担を減らすことが出来ます。
ブレスの量が過多だった人には、ほどよいレジスタンスを声帯にもたらすので、
普段どうしても出ない音域があっさりリップバブルだと出たり、、なんてこともあります。

いやはやこうして書くと本当にスーパーエクササイズに思えますね。

しかしながら、正しくリップバブルが出来ていない人も多くいます。
そしてリップバブルがベストなウォームアップエクササイズにはならない人も、存在します。
ちょっと長いので、また分けて書きましょう。次回へ。
[PR]



by yataro1030 | 2013-11-25 21:53 | 日記

岩崎大貴(ひろき) ボーカル、クワイアディレクター岩崎大貴の日々の報告。
by yataro1030
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
プロフィール
リンク
日記
クワイアと発声
未分類

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧