岩崎大貴 ブログ

クワイアサウンドを見直す、一番シンプルな方法

a0155203_17443040.jpg



------------------------------------------------

★岩﨑大貴オフィシャルウェブは こちら!です。
ライブ、レッスン情報など載せています。


------------------------------------------------

代官山からこんにちわ。
ただいまライブ当日の待ち時間で記事を書いています。
さて今回まだまだ研究中の内容。


★パートを見直してみる。
タイトルの件、、
シンプルに音を良くする方法。
忘れがちな手法があります。

アルトパート、ソプラノパートのメンバーの見直しです。

どうやってあなたはソプラノ、アルトパートだと判断されましたか?

もしかして、「歌声、話し声が太いから、アルト」そう決められていませんか?
ディレクター、講師の方に正確に音域をみてもらい、パートを決められた方、意外と少ないかもしれません。


★誰がソプラノで、誰がアルトにいきべき?
そう、ずばり音域を一人一人聴いてみる必要があるでしょう。

先に書いた、「歌声が太いから」、これはパート適性とは関係がありません。
クワイアサウンドにおいて、豊かな響きをもつことはどのパートのシンガーにも求められることですから。

HiD以降の音を十分に歌えるようだったら迷わずソプラノにいくべきでしょう。
声量があるタイプだろうが、そうでなかろうが、ファルセットでもなく、叫びあげることもなく、歌えるのであれば、ソプラノ適性があると言えます。(欲を言うと、もっと選り好みしたいのですが

★選り好みすると
日本だと、クラシック出身のシンガーがクワイアミュージックに流れ込むことが多いのか、
ファルセットよりのヘッドボイスで歌うシンガーがソプラノにいることが多いです。

十分に歌えてるのであれば、問題はないと言えば無いのですが、
もし、プロシンガーばかり集まっているクワイアならば、十分な音域と、それからブライトな音色を持っているシンガーが特にソプラノとして選ばれるべきです。

クワイアらしい音、僕らが無意識に
「ゴスペルらしい音」と思ってるものは、ソプラノがブライトな音色を使ってるものです。
カークフランクリンのソプラノなんてもう、強烈にブライトです。あの音が欲しければ、ファルセットよりになっては、ダメなのです。
[PR]



by yataro1030 | 2013-09-29 21:00 | クワイアと発声

岩崎大貴(ひろき) ボーカル、クワイアディレクター岩崎大貴の日々の報告。
by yataro1030
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
プロフィール
リンク
日記
クワイアと発声
未分類

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧