岩崎大貴 ブログ

クワイアの発声 無意識に地声につれてくるテクニック

声帯のしくみ、声帯の動き方を改めて学び始めて、
クワイアの音を強くしたり、もしくは音色を揃えるのに、有効かつ取り組みやすいテクニックに気づき始めた。
ソロシンガーには利用しづらいものでも、クワイアなら色々な理由で適応できたりする。
だからクワイア指導は面白い。本当、面白い。

--------------------------------------------
以下、先日、ワークショップ的クワイア(某イベント用)に試したもの。
この日取り組んでいたのはメインセクションの始まりが常に「I`m〜」から始まる楽曲だった。

■僕が問題としたこと
「I`m」の後の動詞にあたる言葉に集中がいき、「I`m」にインパクトがなかったこと。
「ハイム」と発音しているメンバーや、「...イム」としっかり歌いだしに入れていないメンバーがいた。裏声で歌うメンバー、地声で歌うメンバー、それも混在していた。
クワイアにはよく、よくあることだ。

■アイデア、テクニック
「アイムと言う前に、ふんばるように、息を止めてください。」
と提案。
「ンッ!(ふんばりながら息を止めた音)I`m〜」
と歌わせる。
ユニークで若干下品だったろうか。メンバーは笑っていた。

■狙い
•ふんばりながら息を止めるとき、人間は必ず、強烈に声帯を閉じることで息を止める。
強烈に声帯を閉じた状態から出す声は、ファルセットには鳴り得ない。
このことで裏声で歌っていたメンバーを嫌でも地声に連れて行く。全員を地声に揃える。

•「ハイム」と歌っていたメンバーも駆逐(!)。声帯は強烈に閉じているため、ブレスが流れる量は極限まで減らせる。Hの子音は多めにブレスの量を声帯を流し込まなければ発音出来ない。
ハイムではなく、全員しっかりと「アイム」と言わせる。

•歌詞の前に、ワンクッション(この場合は「ンッ!」)置くことで一人一人の呼吸が合いやすい。縦のリズムを揃える。

■結果
◎。
自信に溢れているかのような音が出てきた。
狙いも全てクリア。


---------------------------
ふんばるように息を止める、この行為は声帯の柔軟さを奪うもの。
故、曲中に何度も使うと声に影響があるような気もするが、
インパクトをどうしても出したいとき、有効に使えるんではないか。

尚、ソロシンガーには見た目のこともあり、使いづらいかも。
嫌でしょ、なんか踏ん張ってるソロシンガー。
[PR]



by yataro1030 | 2013-06-10 21:00 | クワイアと発声

岩崎大貴(ひろき) ボーカル、クワイアディレクター岩崎大貴の日々の報告。
by yataro1030
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
プロフィール
リンク
日記
クワイアと発声
未分類

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧