岩崎大貴 ブログ

うたを うたう とき

友人が教えてくれた音楽です。



女声合唱のための5つの童話「わたしと小鳥とすずと」より

【うたを うたう とき】       
作詩/まど・みちお
作曲/信長 貴富


うたを うたう とき
わたしは からだを ぬぎすてます

からだを ぬぎすてて
こころ ひとつに なります

こころ ひとつに なって
かるがる とんでいくのです

うたが いきたいところへ
うたよりも はやく

そして
あとから たどりつく うたを
やさしく むかえてあげるのです







自分が何者かわからなくなったときに、
この歌詞を読み直すと、そうだ、そうだったと思うのですね。

僕は、まず、うたを愛しているのです。

神様を愛している
女を愛している
家族を愛している
自分を愛している

でも、まず、うたを愛しているのです。

二度と離れたりしない。
うたを抱いて、うたに抱かれる。
そうして生きていく。
[PR]



by yataro1030 | 2011-12-01 21:13 | 日記

岩崎大貴(ひろき) ボーカル、クワイアディレクター岩崎大貴の日々の報告。
by yataro1030
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
プロフィール
リンク
日記
クワイアと発声
未分類

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧